ゲーム攻略情報

【ウマ娘】マルゼンスキーの評価・ステータス


マルゼンスキー

誕生日:5月19日
身長 :164cm
体重 :理想的な仕上がり
スリーサイズ :B93・W58・H88
「いきなりトップギアでいっちゃうから、よろしくね♪」

 

ステータス

現在調査中です

 

マルゼンスキーの評価やステータス

マルゼンスキーの評価やステータスを紹介します。

攻略情報が入り次第、掲載します。

※現在調査中

 

【競走馬】マルゼンスキーの戦績

通算成績:8戦8勝
主な勝鞍:朝日杯3歳S
獲得賞金:7660万1000円

父:ニジンスキー 母:シル

 

【競走馬】マルゼンスキーの特徴

お父さんはニジンスキーというイギリスの三冠馬で、マルゼンスキーは1976年にデビューしました。

デビュー戦では、2着に大差(10馬身以上)の差をつけて圧勝しました。

2戦目でも9馬身の差をつけて勝利し、当時の3歳世代の頂点を決める朝日杯3歳Sでは大差でレコード勝ちをしました。

その圧倒的な走りで誰しもがマルゼンスキーに夢を見ました。

 

しかし、当時の日本競馬では、クラシックレースに「持込馬」は出走できないという規定がありました。

「持込馬」とは、母馬が海外で子を宿し、日本で出産をした馬のことを言います。

マルゼンスキーもこの「持込馬」に該当しました。

 

そのため、皐月賞、日本ダービー、菊花賞といったクラシックレースには出走することができませんでした。

出走さえできれば、間違いなくマルゼンスキーが勝つと言われていただけに、出走できないことを疑問視する競馬ファンも多くいました。

主戦騎手の中野渡騎手は、賞金はいらないから走らせてほしい、と話していたようです。

 

圧倒的な強さを見せていたマルゼンスキーですが、脚部に不安を抱えていて、軽度の屈腱炎を発症するなど不安定なところがありました。

怪我をしては元も子もないということや出走できるGⅠレースが少ないことからマルゼンスキーは引退することになりました。

8戦8勝で一度も負けることなく、マルゼンスキーはターフを去りました。

 

【ウマ娘】マルゼンスキーとの比較

マルゼンスキーの父はイギリスの名馬ニジンスキーなので、ウマ娘でもイギリスの名門一族という設定になっています。

マルゼンスキーの勝負服は、赤が特徴だったため、ウマ娘でも赤い服を着ています。

 

また、圧倒的なスピードと1970年代に起きた外車ブームを受けて、「スーパーカー」と呼ばれていました。

ウマ娘のマルゼンスキーも、趣味で愛車のスーパーカーに乗りドライブしているようです。

 

とにかく圧倒的なスピードを持っていたため、ウマ娘でもスピード値も高く設定されることが予想されます。

スピード値がゲーム攻略にどう影響するかは、まだ不明ですがリセマラで狙いたいキャラクターでしょう。

リセマラランキングも随時まとめていきますが、上位にランクインすることが濃厚です。

ゲーム攻略に役立つ情報を掲載
ウマ娘プリティーダービー攻略情報TOP




スマホ用







-ゲーム攻略情報

© 2021 ウマ娘プリティーダービー攻略情報|ウマ娘最新情報まとめ Powered by AFFINGER5