ゲーム攻略情報

【ウマ娘】マンハッタンカフェの評価・ステータス


マンハッタンカフェ

誕生日:3月5日
身長 :155cm
体重 :増減なし
スリーサイズ :B81・W54・H78
「ええ…お任せを。血に飢えた猟犬のように、レースを制してみせましょう」

 

ステータス

現在調査中です

 

マンハッタンカフェの評価やステータス

マンハッタンカフェの評価やステータスを紹介します。

攻略情報が入り次第、掲載します。

※現在調査中

 

【競走馬】マンハッタンカフェの戦績

通算成績:12戦6勝(GⅠ 3勝)
主な勝鞍:有馬記念、天皇賞(春)、菊花賞
獲得賞金:5億2283万4000円

父:サンデーサイレンス 母:サトルチェンジ

 

【競走馬】マンハッタンカフェの特徴

マンハッタンカフェは、2001年~2002年にかけて活躍し、GⅠを3勝しました。

デビュー当初は、体質が弱く、馬体重を大幅に減らしてしまうため、思うようなレースができませんでした。

3歳秋になり、体質が改善され徐々に頭角を現すようになります。

 

そして、クラシックの最後のレースである菊花賞を制し、世代のトップに躍り出ました。

さらには、有馬記念で古馬のテイエムオペラオーやメイショウドトウ相手に勝ち切り、GⅠ2連勝でスターホースとなります。

年度代表馬は、同じ世代の日本ダービー馬であるジャングルポケットに譲ることになりましたが、世代のレベルの高さを見せつけました。

 

翌年の天皇賞(春)では、ジャングルポケットやナリタトップロードと共に、三強対決と騒がれ世間を賑わせます。

結果は、マンハッタンカフェの完勝に終わり、現役最強馬の称号を手にすることとなりました。

 

「強い馬を世界で走らせたい」というオーナーの意向により、フランスの凱旋門賞に挑戦しましたが、13着に敗れてしまいます。

さらに、レース後に屈腱炎を発症したことがわかり、引退することになってしまいました。

 

古馬になって、さらに本格化していただけに残念な引退となりましたが、レベルの高い世代で戦った名馬であることは変わりありません。

特に、有馬記念で出したあがり3F33.9は、当時まで2500mで初めての33秒台でした。

 

【ウマ娘】マンハッタンカフェとの比較

マンハッタンカフェの名のとおり、カフェを手に持つウマ娘となっています。

黒く輝いた漆黒の馬体だったため、ウマ娘の服も黒一色です。

 

また、女優業でも活躍している設定となっており、これはマンハッタンカフェがドラマに出演したことがあるからです。

『運命の出会い〜サラブレッドにかけた夢〜』という全国で放送されたドラマに父のサンデーサイレンス役でドラマ出演をしました。

このような細かい設定も引き継がれているのが、ウマ娘プリティーダービーの魅力です。

 

勝ったGⅠレースが全て2500m以上の距離のため、長距離を得意としたステータスに設定されそうです。

 

ゲーム攻略に役立つ情報を掲載
ウマ娘プリティーダービー攻略情報TOP




スマホ用







-ゲーム攻略情報

© 2021 ウマ娘プリティーダービー攻略情報|ウマ娘最新情報まとめ Powered by AFFINGER5